中小企業等経営強化法によって経営革新を図る|経営革新や助成金、資金調達のことなら翼コンサルティングにお任せください。

中小企業等経営強化法を上手く活用し経営革新を推し進めましょう。


助成金・補助金 公的融資 資金調達 経営革新 セミナー案内
       

経営力強化法・助成金・補助金等のコンサルティング業務を通じてお客様の事業がさらに飛躍するお手伝いを致します。

MENU
トップページ
会社プロフィール
プライバシーポリシー
クイックお問い合わせ
>>詳しいお問い合わせはこちら
※会社名
※氏名
※電話番号
※メールアドレス
※お問い合わせ内容
「※」印は必須です。
 
会社データ
(株)翼コンサルティング

〒213-0022
神奈川県川崎市高津区
千年359-5

TEL 044-750-3104
FAX 044-750-3105

代表取締役 高木 治行
 高木 治行

助成金(補助金)のコンサルティングならお任せください。

当社では、助成金や補助金のコンサルティング業務を通じて、お客様の事業資金調達をお手伝いをいたします。 中小企業等経営強化法による経営革新計画の承認についてもぜひご相談ください。

 
経営者向け無料セミナー
 
メルマガ配信受付中!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中小企業等経営強化法を上手く活用し、経営革新するためには




中小企業等経営強化法は、創業支援、経営革新支援、新連携支援を柱とした、中小企業支援のための法律です。


中小企業等経営強化法は、創業支援、経営革新支援、新連携支援を柱とした、中小企業支援のための法律です。

そしてこの中の経営革新支援制度では、業種や単独・グループ・組合などに関係なく、「経営の相当程度の向上が見込まれる新事業活動を行う事業者」であれば、様々な支援を受ける事ができます。

「経営の相当程度の向上」とは、付加価値額もしくは一人当たりの付加価値額が年率3%以上、もしくは経常利益が年率1%以上向上することを言います。
また、「新事業活動」とは、新製品や役務(サービス)の開発やそれらの新たな販売、提供方式のことです。つまり、新製品やサービスを開発、もしくはその販売・提供方式を一新して、一定の利益アップを目指せば、それで経営革新支援を受けられる権利があるということになります。
また、新事業は、必ずしも「他社がやっていないこと」を指すわけではありません。
よって、経営革新の可能性はいたるところに眠っていると言えます。

この支援を受けるためには、数値目標を掲げた経営革新計画の作成が要件となっており、その経営革新計画は、都道府県の承認を受ける必要があります。
この承認を受けた段階で、その事業者は中小企業等経営強化法の適用対象となります。

そして中小企業等経営強化法による経営革新支援には、具体的には以下のようなものがあります。
・信用保証の特例・日本政策金融公庫の優遇金利融資・高度化融資・小規模企業設備資金貸付の特例(従業員が50人以下)・海外展開を行う際の資金調達支援・企業支援ファンドや中小企業投資育成株式会社からの投資・販路の開拓支援・特許料金の減免

また、経営革新による中小企業等経営強化法の適用対象企業に対しては、都道府県が2年目から3年目の間に進捗状況の調査を行い、必要な指導・助言を行います。

現在、経営革新は今後の競争を勝ち抜くためのキーワードとなっており、政府が最も力を入れている分野です。
経営革新を行えば、様々な支援が活用できます。

ぜひお気軽にお問合せ下さい。


 

公的融資とは?
中小企業の資金調達のポイントは?
   
中小企業等経営強化法とは?
中小企業等経営強化法(経営革新計画)の承認とは?
経営革新計画の承認支援サービス
当社の中小企業等経営強化法コンサルティングとは?
中小企業等経営強化法に関するFAQ
地域資源活用・農商工連携とは?
経営革新等支援機関に認定されました

助成金や補助金のことなら翼コンサルティング。事業資金の調達をお手伝いいたします。

TOPページ助成金・補助金の活用事業資金調達のポイント中小企業等経営強化法
経営セミナーのご案内融資お客様の声サイトマップ

 
Copyright (C) 2006  株式会社 翼コンサルティング All Rights Reserved