中小企業等経営強化法において経営革新計画を立てるには|経営革新や助成金、資金調達のことなら翼コンサルティングにお任せください。

中小企業等経営強化法の付加価値を知り、上手く活用しましょう


助成金・補助金 公的融資 資金調達 経営革新 セミナー案内
       

経営力強化法・助成金・補助金等のコンサルティング業務を通じてお客様の事業がさらに飛躍するお手伝いを致します。

MENU
トップページ
会社プロフィール
プライバシーポリシー
クイックお問い合わせ
>>詳しいお問い合わせはこちら
※会社名
※氏名
※電話番号
※メールアドレス
※お問い合わせ内容
「※」印は必須です。
 
会社データ
(株)翼コンサルティング

〒213-0022
神奈川県川崎市高津区
千年359-5

TEL 044-750-3104
FAX 044-750-3105

代表取締役 高木 治行
 高木 治行

助成金(補助金)のコンサルティングならお任せください。

当社では、助成金や補助金のコンサルティング業務を通じて、お客様の事業資金調達をお手伝いをいたします。 中小企業等経営強化法による経営革新計画の承認についてもぜひご相談ください。

 
経営者向け無料セミナー
 
メルマガ配信受付中!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中小企業等経営強化法において経営革新計画を立てるには
 
 中小企業等経営強化法で経営革新計画を立てることは難しい?

「中小企業等経営強化法」や「経営革新計画」などと聞くと、難しそうと考える経営者の方も多いと思います。
そして難しそうと思うことで申請を諦めてしまい、中小企業等経営強化法の支援を受けそびれている経営者の方もたくさんいらっしゃいます。
しかし実際は、ノウハウさえあれば経営革新計画を立てることは決して難しいことではありません。

まず中小企業等経営強化法と経営革新計画について、それがどのようなものかを考えてみましょう。

 中小企業等経営強化法における経営革新計画の具体例

中小企業等経営強化法で定められている経営革新計画とは、新事業活動を行う際の以下の4つの計画を指します。

「新商品の開発又は生産」
「新役務の開発又は提供」
「商品の新たな生産又は販売の方式の導入」
「役務の新たな提供の方式の導入その他の新たな事業活動」

これだけですと確かによくわかりません。
しかし、具体的な事例に落としてみるとよくわかります。
例えば、以下のような事例です。

大手メーカーの下請けとして、住宅資材のサンプル制作を行っていた。
 ↓
売上が減少傾向にあり、「サンプル制作で培った技術力を活かし、資材を直接顧客に届けたい」と考えた。
 ↓
ホームセンターなどに自社の技術力を売り込み、資材制作を実演するなどしてその技術力を訴えた。
 ↓
ホームセンターや消費者からの注文が入るようになった。

上記の「サンプル制作で培った技術力を活かし、資材を直接顧客に届けたい」という部分が中小企業等経営強化法で定められている経営革新計画です。
このように具体例でみると、決して特別なことではないことがおわかりかと思います。

しかし、これらの経営革新計画を作るのは、忙しい経営者の方にとっては大変な労力を必要とすることも確かです。
また、日々の業務の中で中小企業等経営強化法や経営革新計画のことを考えるのは至難の業かもしれません。

よってそのような場合は、経営革新計画のノウハウを持つ当社にご相談いただければ、承認率の高い計画を立てることが可能となります。
中小企業等経営強化法や経営革新計画の意図を知り、ぜひ当社のノウハウを経営にご活用ください。



 

公的融資とは?
中小企業の資金調達のポイントは?
   
中小企業等経営強化法とは?
中小企業等経営強化法(経営革新計画)の承認とは?
経営革新計画の承認支援サービス
当社の中小企業等経営強化法コンサルティングとは?
中小企業等経営強化法に関するFAQ
地域資源活用・農商工連携とは?
経営革新等支援機関に認定されました

助成金や補助金のことなら翼コンサルティング。事業資金の調達をお手伝いいたします。

TOPページ助成金・補助金の活用事業資金調達のポイント中小企業等経営強化法
経営セミナーのご案内融資お客様の声サイトマップ

 
Copyright (C) 2006  株式会社 翼コンサルティング All Rights Reserved